教会長挨拶

金 源植教会長写真東京同胞家庭教会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

東京同胞家庭教会長、金源植(キム・ウォンシク)と申します。

当教会は、文鮮明・韓鶴子ご夫妻の「神を父母とする人類一家族世界実現」の理想の下で、日日カップル家庭70、日韓カップル家庭52、韓日カップル家庭28、その他、日台カップル家庭、アフリカ・日本カップル家庭など多文化家庭の多い教会です。

1988年出発した日韓人協会から改名された新宿東教会、韓日人教会本部教会からの新宿南教会が合わさり、成約教会となりました。その後、新宿中央教会、さらに早稲田教会と名称が変わり、2013年4月1日、世界平和統一家庭連合の共同創設者、韓鶴子総裁から日本社会で在日韓国・朝鮮同胞を抱く使命をもつ教会として「東京同胞教会」と名付けられました。その後、わが宗教法人の名称が世界平和統一家庭連合(旧:世界基督教統一神霊協会)に変更し、「東京同胞家庭教会」となりました。韓国から日本に結婚で来た人を含む「日韓、韓日家庭の受け皿として」の役割もあります。

特に、日韓・韓日の根深い関係の中で、私ども「東京同胞家庭教会」としては、両国の関係改善と親善・和合を「国際祝福家庭」の「家族愛」の中で見いだしていこうとしています。

教会には、小学生部の「花園教会学校」、中高生部、青年部(2016年より)、壮年部、婦人部の部署があります。

私どもは、新宿西口で日々、文鮮明師の統一原理の理念をお伝えしております。関心のある方は、「伝道教育部」を通して体系的な勉強ができますので、どうぞご連絡ください。

韓国婦人がたくさんいるので、個人的に韓国語講座・料理も学ぶこともできます。日本人のダンサーが、K‐popダンスを学び、地域センターで教えています。関心のある方はお問い合わせください。

毎月、多文化交流会(2015年12月現在、72回目)というイベントを通して、「韓国の歌、韓国語講座、日韓文化比較を通した親善」を深めております。

 

「人は学びを通してその分、幸せになる」と言われます。真理への勉強、語源が同じ韓国語、情が和む韓国の歌、ダイナミックなK‐pop、深みのある韓国料理、日本人の根本である韓国文化に接したい方は、是非、新宿5丁目(新大久保まで徒歩6分)に位置する、「東京同胞家庭教会」に気軽にお立ち寄りください。

今後、当教会の多様な活動をこのホームページを通して紹介してまいりますので、引き続きのご関心をお願い申し上げます。皆さまのご健康と幸せを祈念申し上げます。

 

世界平和統一家庭連合 東京同胞家庭教会

教会長 金 源植

 

▲TOP